ホーム>大水 市場ブログ>七つ道具の定義とは
大水 市場ブログ

七つ道具の定義とは

 

おはようございます!大水の竹内です(・ω・)ノ

 

 

 

今日は休み明けにしては魚少なめでしたfish

 

 

でも明日は漁師さんがたくさん海に出られてるので

きっと魚いっぱいありますよfish

 

 

 

 

 

 

そして今日は、、、

 

 

80CF92FE-107C-45DB-BFD9-BD4E4A4E6D7B.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活アンコウ!!見つけました!!!!

 

なんか強そうです!!!!impact

 

 

 

 

いつも、市場で見かけるのは

 

46168.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ひっくりかえっているこの状態が多いので

顔を見ることすらあんまりないのですfish

 

 

 

アンコウはなんと七つ道具を持っているらしいのです

「キモ(肝)、カワ(皮)、水袋(胃袋)、

 ヌノ(卵巣)、エラ、ヒレ(とも)、身(柳肉)」

 

が、アンコウの七つ道具(?)らしいのですが

どうやら道具と言いつつ食べるところのようですね!!

 

七つ道具の定義、、、!!!

 

 

でも、それぞれが独特の美味しさを持っているそうですfish

 

 

 

アン肝は海のフォアグラって呼ばれるくらい美味しいらしいですし

アンコウは秋から冬にかけての今が旬!!

 

これは、、、、食べなくては!!ですね!!shine

 

 

032F88CC-306B-413F-9774-0FEB98D32DDE.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも本当に怖そうな顔です!!

 

 

 

 

市場に来られている年配の方に、噛まれるよ!!って

めっちゃ脅されました!!笑

 

 

 

IMG-7756.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、竹内も「市場七つ道具」(?)を持っています!

 

「ボールペン・油性ペン・エブ・長靴・帽子・手鉤・荷受帳」ですfish

忘れ物をしたら仕事にならないので大変です!!impact

 

 

 

 

 

でも、ちょいちょい手鉤を事務所に置きっぱなしで

下に降りちゃうのは内緒です!

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokushima-daisui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/233

ページ上部へ