ホーム>大水 市場ブログ

大水 市場ブログ

1月8日 火曜日 本日の推すめは「生わかめ」です。

 1月8日 火曜日 昨日に比べて、寒さは緩みましたが、まだまだ厳しいですね。

今朝のセリ場風景です。

 P1080384.JPG

日本海各地から「天然ブリ」が入荷しています。

長崎、浜田、境港など 

P1080384.JPG P1080384.JPGええたvvdfmぁffvjもfrgvkojmoefmnkl;edaasdfsd] io@qejfasmtaedfsxxjfvだsタチウオpniににあsdni

P1080373.JPG

 

P1080374.JPG

由岐港から高足カニが大漁に入荷していました。

 P1080383.JPG

本日のマグロコーナー

P1080385.JPG

今日は、「釣りサワラ」が大漁

P1080389.JPG

「青柳」が大きく育ち、「旨そう」です。

P1080399.JPG

底引きの天然鯛ですが、かなり丸丸と「旨そう」な1枚です。

 

P1080392.JPG

本日のお奨め、「生わかめ」です。 1パック約200g入り 1箱に18パック入 

セリは箱代金で販売します。

P1080361.JPG

鳴門周辺はまだ出荷できないそうです、この「わかめ」は和田島産です。

P1080364.JPG

今の時期に収穫される「わかめ」は葉が柔らかくて、とてもおいしいです。

茎も細く柔らかいので、茎付きで食べてもおいしいですね。

サーっと塩茹でして、そのまま食べてもおいしいです、酢の物、おすまし、みそ汁の具材、海藻サラダ、など、食べ方は色々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月7日 月曜日 本日のお奨めは「天然真鯛」です。 

おはようございます。

年始から今年は冷え込みが厳しいです。

今朝のセリ場風景です。

P1070298.JPG

富山湾 氷見のナガハゲです。

P1070299.JPG

舞鶴から本ヨコ「本マグロの子供」

P1070306.JPG

徳島市漁協の赤舌ヒラメ。

P1070314.JPG

同じく、足赤エビ。

P1070315.JPG

釣りサワラ

P1070323.JPG

同じく「サゴシ」 

P1070322.JPG

キンコナマコ

P1070321.JPG

由岐のあんこう

P1070345.JPG

本日のマグロコーナー

一番肩は「パラオ産のバチマグロ」です。

P1070341.JPG

本日のお奨め「天然真鯛」 今年1回目のお奨めなので、「真鯛」にしました。

P1070349.JPG

鳴門の釣り物です。

P1070356.JPG

小松島の底引き物です。

P1070354.JPG

由岐の底引き物です。

P1070353.JPG

よく似たサイズの真鯛ですが、水揚げ港で微妙に色目が違います。

刺身でもおいしいですが、寒い時期なので「鯛しゃぶ」などはどうでしょうか?

鯛は癖がないので、ゆずポン酢で食べるとおいしいですね。

 

ここで「ゆず」に関して 一言 

徳島県は高知に次いで「ゆず」生産量全国2位だそうです。

関連記事です。

http://www.itc.pref.tokushima.jp/01_service/research/H16-10.pdf

徳島県産の「ゆず」 関連のリンクを数件紹介します。

http://www.pref.tokushima.jp/ijuu/about/interview/03.html 

http://kitoinosu.jp/corp.php 

http://yutouan.com/#top 

http://www.yuzurikko.jp/ 

 徳島とこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成25年1月5日 徳島市中央卸売市場の初セリ日です。

1月5日土曜日 

本日は徳島中央卸売市場 平成25年の初市です。

セリ開始前に 原秀樹徳島市長さまのあいさつがありました。

P1050283.JPG

続いて、徳島大水魚市 生原社長の3本締め

P1050287.JPG

セリ開始を告げる鐘を、本日は原市長さまが鳴らし、今年のセリ販売がスタートしました。

P1050289.JPG

今年の初セリは例年になく、近海魚の入荷が潤沢でした。

特に入荷が多かったのが、天然鯛です。

市況の状況は、概ね順調なスタートとなりました。

 

魚の写真掲載は1月7日月曜日からスタートします。

今年も1年よろしくお願いします。

 

 

 

平成25年 1月1日 あけましておめでとうございます。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます

昨年は漁業者のみなさま、仲卸さま、売買参加業者さま、県外の荷主さま、県外の市場関係の

皆さま、水産物流通業者さま、他、おおくの皆さまのおかげをもちまして、徳島市中央卸売市場

の卸売業者として市場運営をすることができ、まことに感謝しております。

本年も昨年以上のご支援、ご協力をよろしくおねがいいたします。

誠に簡単ですが、新年のあいさつとさせて頂きます。

平成25年1月1日

 

12月28日 土曜日 本日の推すめは「マグロ、マグロ、マグロ」です。

12月28日 土曜日 今年のセリ売りもあと1日となりました。

本日のセリ風景です。

PC280234.JPGのサムネイル画像

年末らしい、セリ場風景となりました。

PC280230.JPG

高知県甲浦港水揚げ 62kです。 国産は高知県、宮崎県など

PC280231.JPG

海外物は、パラオ、セブ、台湾、マーシャル、他

PC280232.JPG

 

PC280233.JPG

年末、年始に徳島で消費される、生マグロです。

どれをとっても旨そうですね。

 

 

12月26日 水曜日 本日のお奨めは「ホウボウ」です。

12月26日 水曜日 今年もあと5日となりました。

今日は天気は回復しましたが、鮮魚の入荷は全般的に少な目です。

海水温がかなり下がってきた事の影響と思われます。

本日のセリ場風景です。

PC260190.JPG 

マグロの記帳をするの、わが社一番の力持ち「粟飯原君です」マグロのプロをめざしています。

昨日、「 NHK徳島放送局のとくしまi 」 で紹介した 「ウスバハギ:シロハゲ」です。

昨日(25日放送)では「ウスバハギのポン酢よごし」と言う料理を紹介しています。

詳しいレシピは、「 NHK徳島放送局 」のホームページを参照してください。

PC260184.JPG

 

PC260185.JPG

 

PC260178.JPG

.きれいな「小エビ」が、入荷していました。

型は小さいですが、夏場のエビと違い、鮮度感が抜群です。

PC260191.JPG

本日のマグロのセリ場コーナーです。

宮崎県産が2本、あとはマーシャル、バリ、グワム、台湾など。

PC260192.JPG

天然真鯛も入荷が減りました。

PC260196.JPG 

本日のお奨めは「ホウボウ」です、白身の魚で煮つけ、鍋料理などの具材でおいしいです。

身のしまりが良く、煮つけても身が潜れないので、食べやすいです。

今年の年末は寒さが厳しいそうです、ホウボウを使って鍋でもどうでしょう。

PC260198.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月25日 火曜日 本日のお奨めは「戸島一番ブリ:養殖」です。

12月25日火曜日 昨日、今日と一番の冷え込みとなりました。

幸いにも雪が降らなかったことで、交通のトラブルもなく、県内外の魚の入荷は概ね順調です。

今朝のセリ場風景です。

PC250145.JPG

 

PC250146.JPG

日本海 舞鶴港より天然ツバス

PC250147.JPG

「日本海 鳥取県産エテカレイ」 

PC250148.JPG

「日和佐港よりビンヨコ」

PC250150.JPG

「由岐港よりレンコダイ」

PC250151.JPG

「小松島漁協の丸ハゲ」

PC250157.JPG

「椿泊港よりメバル」

PC250163.JPG

1か月前は大漁だったハマチも入荷が激減してしまいました。

 

本日のマグロコーナー

PC250160.JPG

先頭の1本は宮崎県産です、後はマーシャル、バリ島、スリーランカ、など

PC250162.JPG

 

本日のお奨めは「戸島一番ブリ:養殖です」

年末にむけて、需要が高まります、ブリは出世魚の代表で、縁起が良いと言われ、お正月の

おせちには欠かせない食材です。

戸島のブリは品質が良く、ここ数年お客さんの口コミで販売が伸びています。

1本1本に生産者の名前を入れて出荷しており、生産者1人1人が責任を持ち、高品質のブリ

を育て、出荷しているからでしょう。

PC250169.JPG

本日販売する「戸島一番ブリ」の生産者は、浜元隼人さんです。

PC250171.JPG

「戸島ブリ」を紹介した、えひめ愛フードのホームページです。

http://www.aifood.jp/sys/pages/brand/item_detail.php?sc=Kind&Kind=04&item_no=37 

 

 

 

 

 

 

12月22日 土曜日 本日のお奨めは「キンコナマコ:赤ナマコ」です。

12月22日土曜日 本日は朝が降っていましたが、気温は7℃と少し寒さも緩みました。

徳島市場は、明日、明後日と2連休です、以前は24日は市場を開けていましたが、市場関係者

で協議した結果、鮮魚市場は休市、青果市場は開場となりました。

但し、12月30日は青果市場が休市、鮮魚市場は開場(セリはありません、予約相対販売のみで

す)しています。

本日のセリ場風景です。

PC220116.JPG

昨日は天気が良かったことから、鮮魚の入荷は増えました。

PC220119.JPG

鳴門 堂ノ浦、粟田からハマチ、サバなど

PC220121.JPG

特種物売り場 殻つきホタテがたくさん並んでいました。

PC220120.JPG

由岐港 芳美丸の水揚げ商品です。一番手前は高足カニです。

PC220123.JPG

高足カニのアップです。

PC220125.JPG

 

PC220127.JPG

活のバカガイが入荷していました。

PC220131.JPG

天然鯛は入荷が少なくなりました。

PC220130.JPG

本日のマグロセリ場です。

PC220124.JPG

本日の推すめ「キンコナマコ:赤ナマコ」

水温が下がったことから、型も大きくなり、入荷量も増えました。

以前は、年末になると相場が高騰しましたが、近年は相場も安定しています。

コラーゲンの塊らしいです。

中国では「乾燥ナマコが健康に良い」と数年前にはナマコバブルがあり、市場への入荷が激

減する状況になりましたが、中国の景気後退が身近なところでも見られるようになりました。

PC220135.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月21日 金曜日 本日の推すめは「タラフィーレ」です。

12月21日 金曜日 もうすぐクリスマスです、クリスマスはチキンが定番のようですが、今年は

少し贅沢の焼きタラバガニなんかどうですか?

市場には、毎日、活のタラバが毎日並んでいます。

今朝のセリ場の風景です。

PC210110.JPGのサムネイル画像

底引き漁は出漁していましたが、魚種、水揚げともに減少傾向です。

PC210111.JPG

丸ハゲ、アカシタの水揚げが増えてきました。

PC210113.JPG

「サゴシ」がたくさん釣れています。

PB260009.JPG

本日のお奨め「北海道産の真タラ:フィーレ」です。

今回紹介する「タラフィーレ」は「無塩:塩をしていない」ものです。

鍋はもちろん、ソテー、フライなど料理方法は様々です。

PB260008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月20日 木曜日 本日の推すめは「日和佐漁協のビンヨコ」です。

12月20日 木曜日 今年もあと11日となりました、今朝の気温は3℃でした。

さすがに、長靴の底から冷たさが伝わってくるようになりました。

昨日は、風が強く底引き漁も概ね休漁だったことで、近海鮮魚の入荷は少な目です。

今朝のセリ場風景です。

セリ場の先頭 青物売り場です。

PC200067.JPG

今日のセリ:スタートは「長崎県産の真サバ7本入り」です。

PC200103.JPG

近海売り場です、アカシタ、貝、など

PC200069.JPG

椿泊の「サゴシ:サワラの子供」です。

PC200078.JPG

宍喰から「アオリイカ」

PC200084.JPG

鳴門海峡周辺から「キス、アカシタ、ヒラメ」など

PC200082.JPG

「青柳」「ナマコ:キンコ」「イカ」など

PC200086.JPG

しばらく、入荷がなかった「イシダイ:(高知県産)」がまとまって入荷しました。

PC200094.JPG

中国産の「アンコウ」

PC200091.JPG

今日のマグロコーナーは「マーシャル産」

PC200093.JPG

これは「スリーランカ産」です。

PC200074.JPG

本日のお奨めは「日和佐漁協産のビンヨコ」です。

ビンヨコとは、キハダマグロの子供です、冬場のビンヨコは脂ものり、おいしいですよ。

地元徳島県産で、鮮度は抜群です、今晩は日和佐のビンヨコを刺身でどうぞ。

PC200077.JPG

お断り:本日はデジタルカメラの保存画素数を小さくしていたので、画像が少し粗くなりました。

普段は、1Mですが、今日はVGAサイズになっていました。

« PREV 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
ページ上部へ