ホーム>大水 市場ブログ

大水 市場ブログ

11月25日

ここ数日、入荷量が増加しているようです。

生産者の皆様方、どうもありがとうございます。

 

5時30分から始まるせり。

連休明けの本日、8時30分現在、せりが続いています。

皆様お疲れ様です。

その状況を上から撮ってみました。

並んでいる発泡スチロールの箱、あと3列をせり終えたら、せりは終了します。

 

141125seri.JPG

 

当社せり人は、青の帽子に記章(せり人だけがつける丸い番号章)をつけています。

買受人の皆様は、せり参加人の証である承認番号(こちらは長方形)を付けた帽子を着用して、せり落としています。

そして、この後、買受人の皆様によって、消費者の皆様のもとへ、せり落とされた魚等が運ばれていきます。

 

総務部

9月13日 今年も『オリーブハマチ』の販売がスタートしました。

香川県庵治町のオリーブハマチ生産者「岡田さん」が毎朝養殖イカダから活締め出荷。

我が社のオリーブハマチは、毎日新鮮でオリーブハマチの特性が最大限生かされた状態で

販売しております。

DSC_0318.jpg

サンマの美味しい季節となりました

ただ今の旬といえば サンマ。

 

140929.JPG

写真は根室産の生サンマです。

キラキラ輝いて、とても綺麗です。

担当者曰く、サイズが大きいものほど脂がよくのっているそうです。

 

焼き魚はもちろん、お刺身にしても、たいへん美味でございます。

その際は、是非、徳島特産のすだちも添えて頂きたく思います。

さわやかな香り、酸味、かすかな甘味がサンマの脂と相性抜群です。

総務部

TV取材

HNKさんの放送枠で、旬の魚についてPRさせて頂いております。

今回はボウゼとアジ。

写真はせり場の上から。せりを終えてからのため、現場はひっそりしています。

 

撮影の準備風景。カメラのセッティングをしたり、取材される魚を並べたりしています。

140904.JPG

 

暫くして覗いてみると、リハもしくは本番の模様です。

鮮魚部長の谷がカメラの先にいる視聴者の方々へ向けて、旬の魚を熱心にPR。

ズームで撮ってみましたが、ボウゼもアジも光に反射するので、この角度からは難しいですね。

140904-1.JPG

 

近々放送されると思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

総務部

「ぐぐっとぐっさん」が放送されました

昨日、徳島市中央卸売市場が取材を受けた「ぐぐっとぐっさん」という番組が放送されました。

皆さん、ご覧になられましたでしょうか?

 

当社の青物せりを撮影していたと聞いていたので、流れるかな?と思っていたのですが、

青果さんのせりが放送されていました。

ちょっと残念ですが、当社の青物せりは当社サイトのトップページにございます。

いつでも何度でもご覧頂くことができますので、よろしくお願い致します。

 

さて、せりは上記の通りでございましたが、当社社員もばっちり映っていましたよ。

県南の鮮魚担当者のせり風景がオープンクレジットの後ろに。

その直後に出演者さんが挨拶していたのは、養魚担当者でした。

 

そして、当社が販売したマグロも映っていましたね。

捌いていたマグロの先には、当社のパーチをつけたマグロが並んでいました。

そして、気になったので当社のマグロ担当者にきいてみました。

(映像を見てもらいながら)仲卸さんが捌いていたマグロは?

これも当社が販売したマグロだそうです。

 

他にもたくさんの市場関係者の方々が映っておりました。

このように、新鮮な鮮魚・青果をお届けするため、日の明けぬ頃から市場関係者は日々頑張っています。

そして、漁師さんや農家さんはそれよりも前から頑張っていらっしゃいます。

とても短く、一部分の情報ではございますが、

徳島市中央卸売市場というものが、少しは皆様に伝わりましたら幸いです。

 

総務部

4月15日 今日も天然鯛が大漁です。

4月15日 低気圧の通過で近海魚の入荷は少なめですが、天然鯛の入荷は相変わらず

多い状況です。

良く太った天然真鯛が、大漁入荷となっています。

入荷急増の影響もありますが、消費税増税で消費の低迷が明確に表れています。

1ヶ月前、3月15日と比べると、消費税は3%上がりましたが、魚の市況は1割~5割

下がっています、おいしい鯛をみなさん食べてください。

P4150057.JPG

 

P4150058.JPG

P4150056.JPG

 

P4150054.JPG

スズキも大漁です。

P4150059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月10日 吉野川のシジミ復活

平成25年4月~9月にかけて、吉野川のシジミ禁漁取組みを実施した結果、近年水揚げが激減していたシジミ水揚げが復活しました。

P4100001.JPG

資源保護活動の成果です。

吉野川シジミ禁漁.jpg

昨年25年のシジミ禁漁とりくみを知らせる新聞記事です。

 

 

 

4月7日 鳴門鯛の入荷急増

4月に入り、天然鯛の入荷が急増しています。

例年より、少し遅れ気味です。

P4120048.JPG

P4120047.JPG

P4120051.JPG

例年なら5月中旬まで天然真鯛の入荷増が続くと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

海外バイヤー様との商談会

ジェトロ主催の上海バイヤー招へい商談会に参加しました。

商談先は、日本と同じ海を有している上海ですので、鮮魚そのものの売り込みは非常に難しい。

そのため、まずは関連会社である大水食品のスシネタに絞って、同社取締役部長と当社統括部長が赴きました。

 

これは商談中の1コマ。

140218nego-s.jpg

上海バイヤー様の中には日本語ペラペラな方もいらっしゃいました。

 

上海バイヤー様からは、上海市場の現状や望まれている商品、一般の方々の食生活など、とても有意義な情報を得られました。

得られた情報から、当社や関連会社が扱っている商品についてたくさん提案させて頂くことができました。

今回は第一段階の商談でしたが、これから商談成立へ向けて着々と進めていきます。

いずれ、徳島産の水産加工食品が上海市場で出回っていければ幸いです。

 

 

さて、その商談会で使用しました、スシネタ。

まずは、コチラから。

140218fish-s.jpg

手前から、チヌ(黒ダイ)、タイ。

そして奥の左から、セイゴ、ホウボウとなります。

 

それらをスシネタ用に下したのがこの画像。平アジやハマチも追加しています。

140218sushineta-s.jpg

 

 

実際の商品を前にアピール中。

140218nego2-s.jpg

 

 

そして、お寿司にしたのがこちら。

マグロ、タチウオ、モンゴウイカもあります。マグロ以外は全て徳島で捕れたお魚です。

140218sushi-s.jpg

上海バイヤーの皆様に試食して頂きました。

販売するスシネタは冷凍なので、このお寿司のネタも数時間前は冷凍されていたのですが、

「本当に冷凍?とても美味しい」と、たくさんのお声を頂きました。

記:総務部

新年会

先日、大水グループ四社で合同新年会を行ないました。

その模様を少しだけご紹介。

 

まずは我社の社長の開会の挨拶。

P1000019-s.JPG

 

前半の司会は、鮮魚部長の谷が担当していました。

P1000020-s.JPG

 

そして、監査役に乾杯の音頭をとって頂き、いざ!!

 

飲んで、食べて、歌ったり、話に華を咲かせたり……

 

楽しい時間は早々と過ぎまして、

大水冷蔵社長の閉会の挨拶、大水食品取締役の「頑張ろう」三唱で締めくくり、

さぁ、明後日から(翌日が休市日でしたので)気合を入れて頑張りましょう!!

 

 

そんな楽しい時間の詳細はココでは語れませんが、

交流を深めて、更に結束力を増した大水グループ。

これからも一丸となって精進してまいります。

記:総務部

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページ上部へ