ホーム>大水 市場ブログ

大水 市場ブログ

12月19日 水曜日 本日のお奨めは「ワカサギ」です。 

12月19日水曜日 本日も朝から小雨が降り、気温6℃のわりに冷たい朝でした。

昨日の風雨の影響で、本日は鮮魚の入荷は少なめでした。

今朝のセリ場風景です。

PC190042.JPG

水曜日で市況は弱いですが、「サバ」「アジ」「スルメ」など、概ねの鮮魚は入荷しています。

PC190040.JPG

石川県産「天然ぶり」です。

PC190038.JPG

高知県産の「スルメイカ」 1箱10パイ入 良い型ですね。

PC190029.JPG

愛媛県産の「釣り太刀魚」 釣り太刀はピカピカできれいです。

PC190035.JPG

大きな「口」に思わず、中をのぞいてみました。

PC190034.JPG

「ヤガラ」大きな弓のようです、セリ場で存在感のある魚です。

PC190041.JPG

宮城県産の「殻つきホタテ」です。

PC190051.JPG

バリ島の「キハダマグロ」、バリ島も「いいですね!」

 

☆☆☆ 今日の変顔コーナー ☆☆☆

  PC190055.JPG

「ミシマオコゼ」 徳島では「ムシマ」と呼ばれています。

淡路島では「沼島オコゼ」と呼ばれているそうです。徳島の「ムシマ」もこの「沼島オコゼ」

が変化したのでしょうか?確かなところは定かです。

魚としての評価は低いのですが、白身魚で安くてしっかり旨い魚です。

 

本日のお奨め「滋賀県琵琶湖産 ワカサギ」です。

天ぷら、フライ、から揚げなどがお奨め、南蛮漬けにしてもおいしいですね。

PC190066.JPG

 

付録

「バリ島」はインドネシア共和国にある島の1つです。

インドネシア共和国観光省のホームページをリンクしました。

http://www.visitindonesia.jp/ 

http://www.visitindonesia.jp/  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月18日 火曜日 本日のお奨めは「カサゴ:ガブ」です。

12月18日 火曜日 本日は朝から雨模様です。

底引きは概ね出漁していましたが、鮮魚の水揚げはそれほど多くありません。

時期的にヤケイカの水揚げが増えており、「ヤケイカ」狙いに漁を変えた漁師さんがいる

ためでしょうか。

今朝のセリ場風景です。

PC180001.JPG

 

PC180004.JPG

鳴門 堂ノ浦 「サヨリ」「イサキ」「釣りサワラ」など

PC180005.JPG

「青柳」「アカシタ」「足赤エビ」「ヒラメ」など

PC180006.JPG

「アオリイカ」「メイタカレイ」など

PC180012.JPG

今日は「アナゴ」が纏まって入荷しました、「てんぷら」にするとおいしいですね。

PC180019.JPG

今日も「天然鯛」の入荷潤沢、例年に比べて多いですね。

PC180002.JPG

タヒチ産「メバチ」「キハダ」、タヒチ産「いいですね!」

 PC180008.JPG

本日のお奨め「カサゴ」です、冬から春にかっけてが旬と言われていますが、年間通じてわずかながらに入荷があります。

「煮つけ」「おすまし」などがお奨めですが、パリッとから揚げにしてもおいしいですね。

PC180010.JPG

個人的に行ってみたいので、タヒチ観光局のホームページをリンクしてみました。

興味がある方は、のぞいてみてください。

http://www.tahiti-tourisme.jp/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月17日 月曜日 本日のお奨めは「鱈の白子:(雲子)」です。

12月17日 今朝の気温は7℃です。

昨日徳島は風が強く、底引き漁は概ね休漁だったことから、近海物の入荷はやや少なめです。

今朝のセリ場風景(青物売り場)です。

PC170393.JPG

高知県産「スルメイカ」

PC170394.JPG 

近海物売り場

PC170402.JPG

「マナガツオ」「サワラ」「サゴシ」など

 

本日のお奨めは「鱈の白子」です。

関西では「雲子」の呼び名が主流、北海道では「タチ:真タチ」と呼ばれているそうです。

食べ方は、湯通ししてボンズで食べるのが主流ですが、鍋に入れたり、ムニエルにしたり、

料理方法は様々です、今が旬の「白子」是非食べてみてください。

PC170395.JPG

 

 

PC170398.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月15日 土曜日 本日のお奨めは「キメジ:キハダマグロ」です。

12月15日 待望の週末ですが、本日は朝から雨模様です。

気温が12℃まで上がり、冬衣装なので、作業をするとあせばみます。

今朝も近海鮮魚は大漁入荷です。

PC150357.JPG 

底引き物「ボーゼ」「タチウオ」など。

PC150363.JPG

底引きの「足赤エビ」、釣り物「サワラ、サゴシ」など

 PC150362.JPG

「アカシタ」のいい方が見えてきました。

煮つけるとおいしいですね。

PC150367.JPG

「メジナ:ぐれ」少し癖がありますが、今の時期は磯臭さも少なくなり、おいしいです。

PC150380.JPG

えらく小さな鯛が、大漁入荷してました。

1尾 80g~100gぐらいです、開いてすしネタぐらいかな?

PC150383.JPG

「かわいい?アンコウ」、残念ながら活きていませんでした。

活きてれば、水槽で育ててみようかと思いましたが、残念です。

 

本日のお奨め「高知県産のキメジ」です。

キメジとはキハダマグロの幼魚です、今回紹介するキメジは、1尾8kg程度ですが、大きく

育つと40kg~50kgまでなります、時には100kg以上も水揚げされるそうです。

本日のキメジは「鮮度が抜群によく、目が輝いてました」、前日同じものを購入したお客さ

んに身質を聞いたところ、脂の乗りも良かったとの意見を聞きました。

 PC150368.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月14日金曜日 本日のお奨めは「オリーブハマチ:養殖」です。

12月14日 金曜日 本日も近海鮮魚は入荷潤沢です。

今朝のせり場風景です。

PC140329.JPG

今年はカマスがあたり年です。

PC140326.JPG

島根県から「活アナゴ」が入荷しています。

PC140344.JPG

「足赤エビ」も多いです。

PC140333.JPG

手のヒラサイズの「マナガツオ」

PC140336.JPG

「丸ハゲ:カワハギ」も入荷多いです。

PC140349.JPG

スズキも増えてきました。

PC140351.JPG

今日は、天然鯛の入荷が少し減少しました。

昨日は鳴門の定置物大漁入荷で、相場がかなり下がってしまいました。

今日は、相場の回復を願います。

PC140338.JPG

マグロも普段より入荷が増えました。

PC140341.JPG

「マーシャル産」キハダマグロ。

マーシャル?て、とどこだろう、外務省のページをリンクさせていただきました。 

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/marshall/index.html 

いろんな国から、マグロが日本の入ってきています。

 

本日のお奨めは「オリーブハマチ:養殖」です。

香川県庵治町のオリーブハマチ生産者「岡田さん」が、毎朝生簀から出荷してくれています。

わが社の「オリーブハマチ」は、生産者自身が毎朝出荷してくれるので、品質は保障付きです。

PC050144.JPG

「オリーブハマチ」に関する情報を下にリンクしました。

http://www.jf-net.ne.jp/kagyoren/kansui/hamachi/whats/ 

 

12月13日 木曜日 本日のお奨めは「鳴門産天然鯛」です。

12月13日木曜日 本日は久しぶりの大漁入荷です。

まずは、朝のセリ場風景です。

PC130279.JPG

「釣りサワラ」「底引きものカマス」「底引き足赤エビ」など

PC130291.JPG

今日の変わり種「青森県産 ハタハタ」、煮つけなどがお奨めだそうです。

PC130294.JPG

今日も「タラバガニ」の入荷が多いです。今日はズワイガニもそこそこ入荷しています。

PC130297.JPG

1杯1k 3杯入 ズワイ、タラバ、ともに「ロシア産」です。

PC130298.JPG

愛媛県産の「釣り太刀魚」

PC130306.JPG

ピカピカに輝いていましたので、アップで写真を撮りました。

「釣りタチ」はきれいですね。

PC130321.JPG

今日はご覧のとおり、「天然鯛」が大漁です。

爆発的に入荷した「鳴門産天然鯛」を本日の推すめとします。

寒い今の時期は、鯛鍋はどうでしょう。水炊き、塩味、みそ仕立て、鯛は癖がない白身の魚

なので、料理方法を選びません。

PC130322.JPG

 

 

 

12月11日 火曜日 今日のお奨めは「アオリイカ」です。

おはようございます、今朝の気温は1℃でした、風はやみましたが底冷えが厳しいです。

今朝の市場風景です、昨日の強風で近海魚の入荷は厳しい状況ですが、数軒の漁師さんが

漁にでてくれていたので、何とか魚が市場に並びました。

午前4時の市場の風景です。

PC110251.JPG

この時点では、セリ場に「ぽっかりスペース」が空いていますね。

PC110242.JPG

今年は「タラバ」の入荷が安定しています。

PC110240.JPG

北海道の紋別から「シマソイ」が入荷、1匹500gで立派なもので旨そうですね。

シマソイはメバル類の仲間で煮付けるとおいしいそうです。

PC110238.JPG

こちらは、徳島椿泊産のメバルです、これから入荷が増える魚です

上のシマソイほど大きくないですが、こちらは地元のもので小さくても味は最高です。

PC110267.JPG

3匹ですが、旨そうな「ヒラスズキ:クラ」が入荷、右端手前で1本1.8kg

今s食べたい魚の一つです。

 

PC110262.JPG

今年、例年になく少ない真ダコ、少しずつ入荷が増えてきました。

タコの旬は実は「冬」、タコは夏に卵を持つことで身がどうしても柔らかくなります、

水揚げが8月頃に相当増えるので、タコの旬は夏と思いがちですが、実は卵を持たない

冬場のタコは身が締り、おいしく(甘く)なります。

 

本日のお奨めは「アオリイカ」、今年はイカのあたり年、異常な水揚げではありませんが、

例年に比べて水揚げが多いです、今の時期のアオリイカは甘味があっておいしいですね。

DSCF9333.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月10日 月曜日 本日のお奨めは「カワハギ:丸ハギ」です。

12月10日 月曜日 本日は晴天ですが、北西の強風が吹き、気温の4℃ですが寒さが厳しく感じます。

今朝のセリ場風景です。

PC100201.JPG

気温と同じく、水温も下がっており、1漁師さんあたりの水揚げ量が減少傾向です。

PC100226.JPG

「釣りハマチ」「釣りサワラ」のセリ風景です。

3kg台のハマチが相変わらず、鳴門周辺で釣れています、ツバス、サワラ

は入荷が減りました。

PC100210.JPGのサムネイル画像

今年はアオリイカの入荷が多いです。かなり良い型(大きさ)になってきました。

PC100216.JPG

旨そうな、メバチマグロがセリ場に並んでいました。

産地は「マーシャル」だそうです。

マーシャルでどこ?と思われた方のために「外務省」のページをリンクさせていただきました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/marshall/index.html

 PC100202.JPGのサムネイル画像

由岐港の天然鯛、ボウゼ、メッキ、カマス、など。

特種担当の高田君のお奨め「ウニ:ロシア産」です、海外のウニは品質保持目的でミョウバン

をたくさん使うので、どうしてもミョウバンの苦味が出ますが、このウニはミョウバンの使用率

が低いので、苦味が少なく、おいしいそうです。

PC100233.JPG

 

本日の推すめ「カワハギ:丸ハギ」です。

PC100222.JPG

この「丸ハゲ」は、和田島の漁師さんが強風の中、漁に出られて水揚げしてくれたものです。

魚も大きくなり、おなかの肝も大きくなって、旨そうです。

今夜は、「丸ハゲ」で鍋はどうでしょう。お味噌汁に入れてもおいしいですね、フライ、天ぷらな

ど、アレンジしてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月8日 土曜日 本日のお奨めは「和田島産乾燥ちりめん」です。

12月8日 今朝の気温は4℃です。

昨日は天候に恵まれ、鮮魚の入荷も豊富です。

今朝のセリ場風景です。

PC080199.JPGのサムネイル画像

 

本日は、和田島産の「ちりめん」の入荷が増えましたので紹介します。

PC080194.JPG

セリ開始前に本日入荷した「ちりめん」の吟味を塩干仲卸の社長さん、買参人の社長さんが吟味しています。

PC080192.JPG

和田島の「ちりめん」は、「他県産のちりめん」とイワシの種類が違うらしく、おいしいと評価

が高いです。

同じちりめんを購入するなら、「和田島産ちりめん」を購入して食べてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« PREV 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
ページ上部へ