ホーム>大水 市場ブログ>絞められるのはデフォ
大水 市場ブログ

絞められるのはデフォ

 

おはようございます!竹内です(・ω・)ノ

 

 

今日も魚少なめでしたfish

 

でも昨日ブログに書いた「天然の真鯛の鼻」の写真は

ばっちり撮れましたよcamera

 

 

天然真鯛 鼻の孔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばっちり鼻の孔写ってます!!camera

 

小さいのと大きいのと両側で合わせて計4つありますねfish

 

 

昨日ブログにのせた養殖の真鯛と比較してみましょうfish

 

 

養殖マダイ鼻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きい鼻の孔があるだけですねfish

 

なんとなくイメージですが、養殖の真鯛の鼻の孔って

4つの孔がつながって2つになったって感じですねflair

 

 

 

どうしてこんなことになっているか調べてみました!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マダイの仔魚は生まれたときは鼻 の穴(鼻腔)は一つですが、

成長するに従い、鼻腔隔皮と呼ばれる皮弁が発達し、

鼻の穴は二つに分かれます。

 

 

真鯛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つながったのではなく1つが2つに分かれたのですねflair

 

 

 

読ませて頂いたのは、静岡県水産技術研究所さんの

「マダイの鼻の穴」というコラムだったのですが

 

 

この後、グラフや数式が出てきて、、、

 

 

なんとなく竹内には難しそうだったので、

他のコラムを見させてもらったのですが

 

 

 

 

鼻の孔が分かれる原因は、

結局わからないそうです!!

 

 

あ、不明だったんですね!fish

世の中にはまだまだ分からないことがいっぱいですねfish

 

 

 

たこあし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、今日もたこの検品をしていた

竹内だったのですが

 

今日は初めて、タコにビンタされましたimpact

 

 

 

タコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は? (マジギレ)

 

ふつうに痛かったです!!!impact

 

 

 

 

そんなこんなで、まるッと終わっときますfish

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokushima-daisui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/311

ページ上部へ